阪堺電車の話題…

 所用で久しぶりに阪堺電車を利用しました。  以前なら頻繁に出撃していたのですが、疫病下でなかなかお出かけできないところへ、仕事も繁忙のため利用することもままならない状況でした。 先日(12月5日)早朝、ほんの少しだけ乗車する機会に恵まれました。  この日は、今夏に筑豊電鉄とのコラボにより西鉄北九州線の塗装であった「赤電」カ…
コメント:9

続きを読むread more

平野線廃止40年…(後)

 姿を消して40年の歳月が流れた南海平野線…  その懐かしい勇姿を思い浮かべています。  昭和55(1980)年11月24日(日)、平野線に乗って終点の平野に到着するところ、場内信号機が開くのを待っています。 天王寺駅前行234号が発車して行きます。  乗っている電車は、このあと右側へと渡って2番線に入り、天王寺駅…
コメント:2

続きを読むread more

平野線廃止40年…(中)

 昭和55(1980)年11月にその使命を終えた南海平野線。  その面影を振り返っています。  恵美須町を出て飛田から併用軌道に入り、坂を上って阿倍野交叉点にまいりました。  阿倍野交叉点付近の平野線電車です。  平野行電車(205形電車)の車内から上町線の電車を眺めています。(昭和55年2月29日)…
コメント:4

続きを読むread more

平野線廃止40年…(前)

 昭和55(1980)年11月の平野線廃止から40年が経ちます。  過去に撮影した写真を眺めながら、在りし日の平野線の姿を偲んでみたいと思います。  恵美須町駅で発車を待つ平野行の電車…  3番線の121号…(昭和53年頃)  154号…(昭和53年頃) 上町線のワンマン化にともない、161・301・351・501形…
コメント:7

続きを読むread more

高須神社…

 先日、同好の知人の方から「阪堺線・高須神社停留場の整備が進んでいます」との情報をいただきましたのて、暇を見つけて訪問してまいりました。  降り立った高須神社(たかすじんしゃ)停留場です。  渡り線が撤去されています。  新しく敷設されるものと思われる真新しい直線レールが置かれています。  渡り線があった頃の…
コメント:7

続きを読むread more

旧恵美須町駅舎…

 阪堺電車旧恵美須町駅舎の解体工事が始まっています。  阪堺電車の恵美須町駅は、今年(令和2年)1月31日で旧駅舎での営業を終了し…  翌2月1日から南へ少しばかり移転して新駅舎での営業を開始しました。  旧駅舎の動向が気になっておりましたが、その解体工事が始まりました。  9月26日…  小型のショベルカ…
コメント:6

続きを読むread more

阪堺電車120周年…

 阪堺電車の上町線が開業120周年を迎えられました。  阪堺電車では「阪堺電車120周年」として記念の標識板とフラッグが掲出されています。  阪堺電車のホームページによりますと、この記念標識は全部で7種類とありましたので、現在確認している標識板4種とフラッグ3種の計7種類ではないかと思います。  標識板…  …
コメント:7

続きを読むread more

自粛要請下…

 疫病の流行拡大により、3月中頃から外出自粛要請の波が広がって行きました。  勤務が製造職であるため在宅勤務は不可能で、年度末仕事の完成処理に追われていることもあり、4月中頃までは連日残業、休日出勤も行なって仕事をこなしておりました。  お休みの日はお買い物など所用のある時以外… しておりましたが、通勤は止むを得ず、家と会社とを…
コメント:4

続きを読むread more

惜しまれる…(4)

 残念ながら現存する車体が残されていない関西私鉄の名車…  今回は南海20000系電車「デラックスズームカー」です。  昭和36(1961)年に登場したこの電車は、ヨーロッパ風の優雅で美しいスタイルが特徴的です。 車体や内装などほぼ全てにおいて数ランク上のものを使用し、国鉄一等車並みのリクライニングシートなど車内のインテリアデザ…
コメント:4

続きを読むread more

惜しまれる…(3)

 残されてしかるべきだった名車…  近鉄(参宮急行電鉄)2200系電車です。  私のネガアルバムには、残念ながら事業車として最後の活躍をしている姿しか残っていません。  この電車は、昭和5(1930)年大阪と伊勢を結ぶ参宮急行電鉄の開業に合わせて登場した電車で、省線(国鉄)二等車並みの車内設備と現在の電車と比較しても遜…
コメント:3

続きを読むread more

残暑の奈良…

 厳しい残暑が続く8月23日(日)、家内と奈良へ出かけました。  出発は近鉄大阪難波駅…。 9時51分発の近鉄奈良行急行に乗車です。  時間的に「ひのとり」がやって来る頃です。  この急行に乗ります。  座席に腰掛けますとすぐに大阪難波10時発の近鉄名古屋行新型特急「ひのとり」がやってきました。   ほどなく急行が…
コメント:6

続きを読むread more

惜しまれる…(2)

 残されてしかるべきだった名車たち…  今回も近鉄電車です。  「あおぞら」号と呼ばれた二階建て修学旅行専用電車20100系です。  「二階電車」として圧倒的な人気を誇っていた10100系「新ビスタカー」…  「二階電車に乗りたい!」という子供たちの願いを叶えてあげようと近鉄が開発し、昭和37(1962)年に登場した…
コメント:7

続きを読むread more

惜しまれる…(1)

 あるブログに、小田急の「ロマンスカーミュージアム」の工事が進んでいるという記事がありました。  一般的に私鉄での車両保存維持と展示施設の建設はなかなか困難だと耳にしていますが、この小田急の施設は新しい流れを作るかもしれないと大いに期待しています。  関西の私鉄を代表する名車…  今はもう鬼籍に入っておられますが、…
コメント:5

続きを読むread more

夏の堺…

 「山の日」の8月10日(月)、暑気払いを兼ねて家内とスイーツを求めて堺へ出撃いたしました。  住吉に着いた途端現れた天王寺駅前行607号… 事あるごとに出逢うことの多い607号ですが、この日もちゃんとやってきました。  浜寺駅前行703号に乗ります。  大小路にて下車…  703号を見送り…  少し東へ歩…
コメント:7

続きを読むread more

阪急2800系特急運用最終日…

 阪急京都線の看板電車として活躍してきた2800系電車…  特急としての最期の運用をされる日、桂川橋梁付近にお出かけをしたことは、かなり以前の記事ですがご紹介させていただいたことがあります。  その日付を失念してしまっておりましたが、最近になってその日が「1978(昭和53)年9月25日」であったことがわかり…
コメント:5

続きを読むread more

新時代直前の京阪電車…

 今から40年ほど前の昭和53年頃、快走する京阪電車の姿を眺めるために野江駅へとまいりました。 そのときの京阪電車の画像です。  既出の画像ばかりですのでご了承ください。  大阪淀屋橋行京阪特急3000系テレビカーです。 ほどなく京橋に到着しますので、車内では…  「まもなく大阪京橋、京橋…」という放送が流れているはずです…
コメント:6

続きを読むread more

増発運転はありません…

 大阪最後の夏祭りとして知られる「住吉まつり」。  毎年7月30・31日に行われ、8月1日の宿院頓宮への神輿渡御式でクライマックスを迎えられます。  阪堺電車も7月30・31日の両日、夕刻から特別輸送体制をとられて、参拝客を送迎されています。  しかし…  今年は大社内でのみ神事が執り行われ、対外的な行事はす…
コメント:2

続きを読むread more

所用で上町線へ…

 梅雨の晴れ間が広がった7月19日(日)、所用で上町線を利用して東天下茶屋へまいりました。  例年なら、近づく「住吉まつり」への準備が目につく頃ですが、今年は表立った行事がすべて中止され、神社内で行われる神事のみ粛々と執り行われるとのことです。   参道の提灯や「神輿洗神事」の幟は上げられています。 …
コメント:7

続きを読むread more

休業…

 業務量の減少に伴い、休業日が設けられています。  7月3日(金)…  住吉6時32分発の恵美須町行で恵美須町へとまいりました。  同じ電車で我孫子道まで戻り、車庫北側を眺めますと…  左から、502・355・503・353、353のうしろに501、一番右に354、そのうしろに504…  この年代のベテランさんたちが…
コメント:2

続きを読むread more

高師浜駅のステンドグラス…

 いつも住吉界隈でご一緒させていただいています同好の方のブログ記事にて、高師浜駅のステンドグラスが2代目になった…という情報を知りました。  早速7月1日(水)早朝に訪問しました。  羽衣駅6時59分発高師浜行に乗車。  大正時代に開業した当時の面影をそのまま伝える高師浜駅。  その駅舎正面には群れ飛ぶ千鳥を描いた美しい…
コメント:3

続きを読むread more