京阪・名鉄…

 過日、京阪に掲出された小田急の広告をご紹介させていただいた際に、京阪は定期的に名鉄の広告を掲出されているという旨のお話をさせていただきましたが…  さっそく新しいものが掲出されています。  名鉄沿線の観光地として関西でも知られる「犬山」や「明治村」の広告が、京阪電車の車内には定期的に登場しますのでいつも楽しみにしている…
コメント:1

続きを読むread more

10月13日朝…

 10月13日(日)朝、出勤前にふと思い立ちまして阪堺線で恵美須町へまいりました。  早朝の東粉浜電停…  検査明けの707号が南下して行きます。  ほどなく恵美須町行607号がやって来られました。 小説「阪堺電車177号の追憶」ではありませんが、ことあるごとに現れる607号は、私にとっての「縁起のいい電車」なのかもしれません…
コメント:5

続きを読むread more

高師浜線100周年…

 南海高師浜支線が全線開業100周年を迎えられます。  高師浜支線は、大正7(1918)年10月2日に羽衣・伽羅橋(きゃらばし)間が開業し、翌大正8(1919)年10月25日高師浜までの全線が開業しました。  10月5日(土)の夕刻近くに訪問してまいりました。  住吉から阪堺電車354号で浜寺駅前まで行き、南海本線…
コメント:9

続きを読むread more

京阪・小田急…

 京阪電車内に小田急の広告が掲出されています。  「箱根」と題されたこの広告…  よく見ますと「英語」です。  この種の広告は8月初旬にも掲出されていました。  京阪電車を利用されている外国人観光客にご覧いただくためのものなのでしょう。  やはり京阪は粋な会社だと思います。  南海には「京成スカイライナー」の…
コメント:6

続きを読むread more

諏訪ノ森駅、その後…

 9月28日(土)、南海諏訪ノ森駅を訪ねてみました。  前回の訪問は平成最後の日の4月30日(火)でした。  5月25日から仮駅舎での営業が始まり、ステンドグラスで知られる旧駅舎は引退しました。  その後の姿を眺めてみたくなりました。  浜寺公園駅旧駅舎引退の時と同じような感謝の言葉が添えられています。  駅舎の電…
コメント:7

続きを読むread more

9月22日の朝…

 朝夕が少しばかり過ごしやすくなってきた9月22日(日)の朝、住吉に来ています。  同好の方がお越しになられまして楽しいお話をさせていただきながらひとときを過ごさせていただきました。  恵美須町からの下り我孫子道行604号に先行する天王寺駅前からの下り我孫子道行603号。  上り天王寺駅前行「青らん」と下り浜寺駅前行607…
コメント:7

続きを読むread more

「ひのとり」…

 2020年春にデビューする近鉄の新型名阪特急。  アーバンライナーの置き換えとして登場する新型特急列車です。  「ひのとり」と命名されたこの新型特急の概略が近鉄から発表されました。  そして先頭車のプレミアム車両に使用される座席の展示会が行われています。  所用で通りかかった近鉄大阪阿部野橋駅頭…。  偶然に…
コメント:6

続きを読むread more

久しぶりの離合…

 9月8日(日)朝の出勤前、いつものように阪堺電車の住吉に来ています。  ほどなく同好の方がお越しになられました。  ご挨拶をさせていただき、楽しいお話をさせていただきながら出勤までの時を過ごしました。  離合風景…  堺トラムが離合します。  住吉での堺トラムの離合を久しぶりに見ることができました…
コメント:3

続きを読むread more

上町線住吉電停の裏側…

  上町線住吉下り電停の東側に隣接していた整形外科さんが、すぐ西側の阪堺線電車道にある住吉警察署の北側に新しい建物へ移転されたあと、旧建屋の解体が行われていましたが、その工事はほぼ終わったようです。  電停の向こうにあの古風な待合が見えています。  すぐに新しい建物の建設工事が始まるものと思われますが、それまでのあいだは…
コメント:10

続きを読むread more

山陽電車、昭和53年頃…

 懐かしい電車たちの写真、今回は山陽電車です。  明石方面の学校に通っていた私は、普段国鉄を利用しての通学でしたが、この頃にはすでに国鉄は趣味対象からはずれておりましたので、よく私鉄を利用したものでした。  大阪環状線ではなく地下鉄御堂筋線で梅田へ出て阪急や阪神で神戸に入り山陽電車の特急で明石へ…。 時には淀屋橋から京阪特急(も…
コメント:6

続きを読むread more

京阪本線のツリカケ車

 この記事は、2009年11月に公開させていただいた「過去記事」であることをご了承ください。  今から約30年前のお話です。(現時点では約40年前のお話になっています…)  新性能化の進む電車たちの中で、関西大手私鉄の本線上を営業車として走行すルナツリカケ車は、もう珍しい存在になっておりました。  京阪本線には…
コメント:8

続きを読むread more

わくわく堺の鉄道展…

 堺の「さかい利晶の杜」で開催されている「わくわく堺の鉄道展」に出撃してまいりました。  8月18日(日)午後、仕事を早めに切り上げまして、住吉から堺トラム「紫おん」に乗車…  宿院にて下車…  すぐ西側にある「さかい利晶の杜」へと向かいます。  施設内に入りますと、玄関の無料スペースに往時の堺を偲ばせる古地図など様々な展示…
コメント:4

続きを読むread more

盛夏のなら旅…

 連日の猛暑の中ではありますが、8月12日(月 振替休日)に家内と奈良へお出かけをしてまいりました。  今年は会社カレンダーの都合により、お盆は通常出勤です。  12日は貴重な休日ですので、家内とゆっくり過ごすことにいたしました。  旅の出発点「近鉄大阪難波駅」…  奈良行急行に乗車です。  奈良に到着…  駅を…
コメント:7

続きを読むread more

嗚呼352号…

 阪堺電車のモ352号が車籍を抹消されたようです。  モ352号は、木造車両モ101形電車の置き換え用として、昭和37(1962)年に帝国車両(現 総合車両製作所)で誕生しました。  モ101形の機器流用車ながら、モ501形に準ずる金属製車体を新製したもので、空気バネ台車はとても乗り心地の良いものでした。  登場時は501…
コメント:8

続きを読むread more

猛暑が続きます…

 猛暑が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか…  懐かしい画像から…  今回は「盛夏」に撮影したものを並べてみます。  昭和62(1987)年夏の上町線北畠電停です。 影の様子から午後3時過ぎではないかと推測しています。  こちらは同じころの帝塚山三丁目電停… 窓を全開にした171号が北上して行き…
コメント:6

続きを読むread more

ラピートブルーリボン賞受賞記念特急券…

 先日、探し物をしておりましたらこんなものが出てまいりました。  南海の空港特急「ラピート」が鉄道友の会からブルーリボン賞を受賞したことを記念する乗車券です。  発売金額は1370円(乗車券 870円と特急券引換証(レギュラーシート) 500円)です。  金属製(真鍮製でしょうか…)のズッシリとしたもので、裏面には普通乗車…
コメント:4

続きを読むread more

世界遺産登録記念…

 大阪初の世界遺産登録を目指しておられた「百舌鳥・古市古墳群」が、このたびユネスコの世界遺産委員会にて、世界文化遺産に登録されることが決定しました。  大阪の悲願だった世界文化遺産の登録です。  関連する南海・阪堺・近鉄・南海バスの4社では、世界遺産登録を祝して記念標識の掲出がはじまっています。  阪堺電車での掲出は7月2…
コメント:4

続きを読むread more

7月21日の朝…

 7月21日、朝の住吉です。  いつものように出勤前に電車見物をいたします。  704号がやって来られました。  すでに同好の方がお越しになられていますので、ご挨拶をさせていただき、楽しいお話をさせていただきながら時を過ごします。  阪堺電車では、7月20日にダイヤの変更を行われました。 恵美須町方面への電車の運転本数の見直しが…
コメント:5

続きを読むread more

鉄道車両内装の歴史展…

 7月20日(土)、大阪・心斎橋の住江織物株式会社本社ショールームで行われています「鉄道車両内装の歴史展」に出撃してまいりました。  明治16(1883)年に創業された住江織物は、その高い技術力から国の重要施設へ納入されていました。また、鉄道車両の内装としても「モケット」を早くから納入され、現在ではそのトップメーカーとして、新幹線…
コメント:9

続きを読むread more

2019神輿洗神事…

 7月15日(月 海の日)の夕刻、住吉大社の大切な神事のひとつである「神輿洗神事」が行われました。  この「神輿洗神事」は、「住吉まつり」の8月1日に行われます堺・宿院頓宮への神輿渡御に先立ち、その神輿を住吉公園にて神聖な海水で清める神事です。  大阪の夏祭りを締めくくる「住吉まつり」は、大阪の街中を祓い清めるという意味があり、…
コメント:7

続きを読むread more