テーマ:南海大阪軌道線

猛暑が続きます…

 猛暑が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか…  懐かしい画像から…  今回は「盛夏」に撮影したものを並べてみます。  昭和62(1987)年夏の上町線北畠電停です。 影の様子から午後3時過ぎではないかと推測しています。  こちらは同じころの帝塚山三丁目電停… 窓を全開にした171号が北上して行き…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

浜寺からの帰りみち…

 昭和53(1978)年頃の写真から…  住吉から南海大阪軌道線(現 阪堺電気軌道)の阪堺線モ205形電車に乗って終点の浜寺駅前まで来ました。  浜寺駅前到着後は、すぐに南海本線浜寺公園駅に向かったようです。  明治の面影をとどめる静かな佇まいの浜寺公園駅舎。  南海本線の高架工事…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

浜寺へのみち…

 懐かしい「あの頃」を想い出すお話、今回は阪堺線での浜寺への旅です。  一度ご紹介させていただいたことがありますが、昭和53(1978)年頃のお話です。  阪堺線住吉界隈での撮影を終えた青年時代ののりさんは、電車に乗り込んで浜寺までまいりました。  乗車はおそらく住吉だと思います。  乗り込んだ電車は、私の大好きなモ2…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

下校時刻…

 昭和54(1979)年11月8日、上町線の帝塚山三丁目に居ります。  時刻は午後3時をまわった頃、ちょうど近くにある女学校の下校時刻です。  天王寺駅前行501号…  まだ冷房化されていないオリジナルの立石電機(現 オムロン)広告電車です。  オレンジの雲塗装が懐かしく思い出されます。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

鳥居前……

 昭和55(1980)年2月29日午後、私は住吉界隈に居りました。  あの当時、南海大阪軌道線をあたりまえのように161形電車が行き交っていました。  住吉鳥居前に停車中の169号…  現在の同地点です。  電車道西側を拡大してみます。  お蕎麦屋…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

鳥居前の226号…

 私の大好きな電車だった南海大阪軌道線のモ205形電車。  住吉鳥居前で撮影した2枚の連続写真をご覧いただきましょう。  撮影は昭和55(1980)年2月29日、226号が電停に停車して乗降が始まったところです。  平野線の営業終了が同年11月27日、そして40年以上にわたって阪堺線の主…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

阿倍野交叉点界隈…(番外編)

 昭和55(1980)年2月29日に恵美須町発平野行電車内から撮影した2枚の連続写真…  北上する上町線天王寺駅前行166号と南下する172号(行先はわかりません…)。  信号待ちをする平野線電車の前を上町線の電車が行き交います。  細部を拡大してみますと、平野線が見えてきます。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

阿倍野交叉点界隈…(後)

 昭和53(1978)年頃の阿倍野交叉点を想い出しています。  平野線のモ239号が目の前を通り過ぎて行きます。  この239号の写真の左端には、懐かしい塗装の近鉄バスが写っています。  方向幕に「ワンマン」と表示されています。  別の写真を見ますと…  2文字の行先は「国分」と読めなく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

阿倍野交叉点界隈…(中)

 昭和53(1978)年頃の写真から阿倍野交叉点附近を想い出しています。 平野線阿倍野電停に停まっていたモ223号が交叉点を斜めに渡って上町線に合流します。  電車の全身が写っていない上に上下のバランスも悪く自動車にも被られて、かなり無残な写真になりましたが、今となっては貴重な一コマになりました。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

阿倍野交叉点界隈…(前)

 昭和53(1978)年頃の阿倍野交叉点を思い出して見ることにいたします。  平野線阿倍野電停に停車する天王寺駅前行モ223号です。  阪神高速松原線の工事が頭上で進んでいます。  少し細部を拡大してみます。  「駅貼りポスター」募集の案内が見えます。  問い合わせ先は「平野運輸区」になっていますね…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「あの頃」の我孫子道…(後)

 昭和53(1978)年頃の我孫子道です。  恵美須町発浜寺駅前行モ205形の最前部で発車を待っています。  折り返し上町線天王寺駅前行きの電車が出てこられました。  右端に写っている黒い部分は、乗っている205形電車の窓枠です。  踏切警報機が両方向が点灯していますので、どちらの電車も発車直前のようです…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「あの頃」の我孫子道…(前)

 「第20回路面電車まつり」の開催で、先日の阪堺電車・我孫子道駅は大変賑わっていました。  昭和53(1978)年頃の南海大阪軌道線の写真から…  浜寺駅前へ向かうモ205形の最前部から撮影した我孫子道をご覧いただきます。  我孫子道では3枚の写真を撮影していました。  我孫子道到…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

「てんぴら」…

 いまはなき南海平野線のお話を続けさせていただいています。  平野線阿倍野を出て上町線に入って行く天王寺駅前行の電車。  同じく平野線阿倍野を出て恵美須町へ向かう電車。  恵美須町の発車案内。  天王寺駅前の発車案内。  南海平野線は、昭和55(1980)年11月…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

南海大阪軌道線の切符、ふたたび(後)

 懐かしい南海大阪軌道線の切符のお話をさせていただいています。  昭和45(1970)年、小学校を卒業して大人運賃になった私は、うれしさに上町線の大人運賃の切符を買い集めました。  4月20日付の切符…  東天下茶屋にあった乗車券発売所で購入した綾ノ町までの切符です。  Wikipediaを参考にした当時…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

南海大阪軌道線の切符、ふたたび(前)

 先日の貸切電車内で拝見させていただいた南海大阪軌道線の車内補充券。  あまりの懐かしさに頭の中が完全に「あの頃」になりました。  そこで、かなり前のことになりますが、過去記事でご紹介させていただいたことのある南海大阪軌道線の切符をもう一度ご紹介させていただきたくなりました。  昭和45…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

現役161形電車の雲塗装時代…

 阪堺電車の人気者モ161形電車。  今年誕生90年を迎えられます。  昭和51(1976)年の上町線ワンマン化に際して、立石電機(現 オムロン)の広告塗装が施されました。  その雲塗装は、日本の路面電車史に残る広告塗装の傑作だと思っています。  今なお現役で活躍中の4両の雲電車時代の画像を、新し…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

想い出の電車たち…(7)

 懐かしい電車のお話…  最終回は南海大阪軌道線です。  写真は昭和53~55(1978~80)年です。  創業当時の電車などを種車に剛体化改造されたモ205形電車。  小ぶりの素敵な車体を揺らしながら、阪堺線を走り回っておられました。  物心ついた頃から一番身近な電…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

モ205形電車の想い出…(後)

 幼い日からの想い出が詰まった南海大阪軌道線モ205形電車。  昭和51(1976)年7月の上町線ワンマン化に引き続いて昭和54(1979)年10月に行われた阪堺線のワンマン化により、ワンマン化改造に不向きな中型車のモ205形は、ワンマン化予定のなかった平野線に集中投入されることになります。  もともとモ205形…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

モ205形電車の想い出…(前)

 先日の貸切電車の車内にて拝見させていただいた貴重な「お宝」の数々に、幼い日の記憶が蘇ったお話をさせていただきました。  阪堺電気軌道(初代)創業時の木造車を剛体化させて誕生したモ205形電車は、阪堺線の主力でした。  幼少期、日常的に阪堺線を利用しておりましたので、この電車に乗る機会はかなり多かったものです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

住吉交叉点の記憶…(6)

 住吉交叉点の懐かしい風景。  昭和55(1980)年2月29日、住吉交叉点に佇んでいます。  住吉公園からでてこられた天王寺駅前行130号です。  交叉点を横断して行かれる住吉公園行302号。  終点の住吉公園はもうすぐです。  上町線は住吉公園行があたりま…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

住吉交叉点の記憶…(5)

 住吉交叉点の懐かしい光景。  少し時代が戻りますが、今回は昭和55(1980)年2月29日の風景です。  電車が交叉点を通り過ぎた直後です。  電車の通過待ちをしていた人たちが一斉に動き出す光景が面白い瞬間です。鉄道員さんの姿も見えます。  上の写真の続きでしょうか、住吉…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

住吉交叉点の記憶…(3)

 昭和60(1985)年夏、阪堺に冷房電車が走り始めた頃の住吉交叉点の光景です。  ついに登場した冷房車。  あまりのうれしさに、登場直後住吉交叉点に出撃いたしました。  住吉公園を出てこられた173号が交叉点を横切ります。  冷房化直後の501号です。  阪堺標準色に身をま…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

住吉交叉点の記憶…(2)

 住吉交叉点の想い出。  昭和53(1978)年頃の写真です。  父に買ってもらったカメラを手に、阪堺線へ……。  恵美須町発浜寺駅前行の車中から撮影した風景です。  乗っている電車はモ205形です。  上り恵美須町行の電車も見える中、天王寺駅前発住吉公園…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

住吉交叉点の記憶…(1)

 姿を消してしまった住吉交叉点。  数かぎりない思い出……  何度もこのブログでご紹介させていただいた写真ですが……  はじめて自分のカメラを手にした昭和53(1978)年頃の写真です。  恵美須町発浜寺駅前行の151号が直進したあと、住吉公園を出てきた天王寺…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

懐かしい恵美須町駅 (3)

 昭和53(1978)年頃の懐かしい恵美須町駅の写真をご覧いただいております。  旧2番線に、モ231号が入線してまいります。  左隅に、留置線に停まるモ217号の姿を垣間見ることができます。  この留置線、モ205形2両分くらいのスペースがございました。  物心付いた頃から、頻繁にこの駅を利用しておりま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

懐かしい恵美須町駅 (2)

 懐かしい恵美須町駅の画像をご覧頂いております。  旧1番線と旧2番線にモ205形が2両並んでいます。  停車中の電車は、旧1番線がオリジナル塗装のモ224号で、旧2番線に停車中の電車が「すしのこ電車」のモ231号です。どちらも浜寺駅前行でございます。運行標識が、同じように傾いているのがご愛嬌です。  この画像、賑やかだっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

懐かしい恵美須町駅 (1)

 阪堺電車がダイヤを改正されまして、阪堺線大阪市内区間が、デイタイム1時間あたり3本になりました。  阪堺線の大阪の拠点、恵美須町駅。   かつては、必ずと言っていいほど複数両の電車が停車しておりました。  3線3面のホームがあり、いつも電車で賑わっていた頃の懐かしい恵美須町駅のお話をさせていただくことにい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

国産瓦斯器具陳列所

念願のガスを我が家に引くことができて、ますますお話が面白くなってきました朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」。 今日は、その頃のお話です。 阿部野斎場前交差点(この呼び名も通じなくなってきたようです)を西側に少しばかり歩きましたところに、こんな素敵な建物がございました。 「国産瓦斯器具陳列所」、何とも素敵な表示があります。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

住吉交叉点通過

 過日の記事にて、住吉交差点遠景の昔写真をご紹介させていただきましたところ、なかなか好評(笑)でございました。  そこで、過去にご紹介させていただいた写真の中から、住吉交叉点を通過してゆく電車たちの姿をまとめてみました。  動画ではございませんので、音は出ませんが、皆様に少しでも交叉点を通過してゆく電車の音の雰囲気を…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

住吉交叉点遠景

今回は、昔写真の中から、阪堺線の住吉交叉点を、少し離れた位置から撮影したものをご覧いただくことにいたしましょう。 上町線と阪堺線の交差する住吉。 行き交う電車の姿は、今も昔も鉄道ファンの心をとらえるものでございます。 かく申す私も、この場所に何度足を運んだことでしょう。  「交差点」の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more