のりさんの鉄っちゃん想い出風景

アクセスカウンタ

zoom RSS モ164で天王寺へ・・・

<<   作成日時 : 2009/04/14 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 4月11日(土)、所用で天王寺へ出かけることになりましたので、上町線を利用いたしました。


 やってきた電車が、古参モ164号

画像


 昭和3(1928)年 から走り続けること80年余り。
 長い年月を経てきたことを「春秋幾星霜」などと申しますが、まさにこの電車に相応しい表現ではないでしょうか。日常的に営業運転される電車としては、日本最古です。


 天王寺駅前行のこの電車で、天王寺へ参りました。


 ツリカケ音も逞しく、車体を揺すりながら、電車は天王寺へ向います。


 車内を少し探検。


 まことにシンプルな運転台

画像


 

 運転台の足元です。

画像


 警笛のペダルの横にある丸いペダルは「フートゴング」です。時折「カンカン〜」と聞こえてきます。


 持ち送り金具は大変美しいものです。

画像


 もはや、これは芸術品ですね。


 吊革のバーを支える金具も美しいデザインです。

画像



 姫松付近で同僚モ163号と離合。

画像



 あっという間に天王寺駅前に到着です。

画像


 折返し、住吉公園行になりました。
画像




 改築が決まっている阿部野橋歩道橋上からです。

画像



 電車道(阿倍野筋)西側では、再開発工事が進行中。

画像


画像


 西側にあった建物が、な〜んにも無くなっています



 所用を済ませ(アルコールも廻り)、帰宅は10時を大分回っておりました。

 やってきた電車はこんな風に見えたでしょうか・・・

画像


 出発時に見かけたモ605号です。
 
 来た時に乗った電車・一本前にやり過ごした電車・・・、路面電車ではよくあることですね。


 ということで、当日の所用は終了いたしました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
モ161のフートゴング、健在なんですね。昭和の30年代の末、横浜市電に乗りに行きましたら、ゴングが健在で、ペダルを踏ませていただきました。そんなことを思い出しました。ハマ市電が消えて37年・・・嗚呼。
昔の電車は造作が凝っていて良いですね。現在のシンプル&エコノミーと較べて、無駄かもしれませんが、心安らぐものがあります。乗るのは、移動物体ではなく、『人間』ですからね。
む〜さん
2009/04/17 17:43
♪ むーさん様  阪堺電車のフートゴングは、モ501形以外の全ての電車に装着されています。もちろん最新のモ701・601形にも付いています。実際に使用もされています。考えてみればすごいですね。
大正から昭和にかけての電車は、造作がすごいですね。断面も面取りに工夫がされていたり、金具のデザインがものすごかったり・・・。天井にあった鈴蘭型室内灯もすごいデザインでした。乗るとホッとする、温かみのある電車です。(夏は本当に暖かい?ですが・・・)
のり
2009/04/17 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
モ164で天王寺へ・・・ のりさんの鉄っちゃん想い出風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる