のりさんの鉄っちゃん想い出風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あの頃」の面影…(3)

<<   作成日時 : 2018/05/23 06:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 5月5日(土 こどもの日)の阪堺電車です。



 上町線北畠を行く我孫子道行166号。
画像




 昭和62年盛夏の北畠を行く広告塗装時代の166号…
画像


 ぼぼ同じ場所からの撮影です。



 雲電車がその役目を終え、新しい広告塗装が増えて来た頃でした。








 姫松にて
画像




 昭和54(1979)年10月28日、黄緑雲塗装の161号です。塗装も車番も異なりますが…
画像








 161形電車の面影を尋ねて……



 懐かしい想い出がよみがえってきます。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
雲電車の消滅は、阪堺と立石電機との間で、他社の広告電車導入に関して意見の対立が起こったのが原因だと聞いた事があります。
鷹峯 源光
2018/05/23 09:00
♪ 鷹峯源光様
そのお話は、どこかで耳にしたような気がいたします。
当時はなんらかの経緯があったのでしょう。
それにしても傑作塗装でしたね。
のり
2018/05/23 20:44
  残り4両の161形。

 ゴテゴテの宣伝やラッピングより、やっぱりレトロ塗装が良いなぁとは思うのですが、逆に希少価値が上がっているだけに宣伝効果は大きいのか?

 季節限定での出番だし、気にしているのは一部の愛好家だけなのか?

 そういえばトラムはまだデビュー当時のままだったか?

 まっ、そんなたわいのないことに思いを巡らせることのできる、暇な生活ができていることに感謝!
タイムスリップ
2018/05/25 07:07
♪ タイムスリップ様
161形電車がやってきますと、一般の方々はどう思われているのでしょうね。
近年は希少価値の認知度が割と一般にも浸透して来たように感じますが、それでも「ボロ電車が来た」と思われているかもしれませんね(笑)。
堺トラムはデビューのままのスタイルです。「茶ちゃ」と「紫おん」は重要部検査を経験しました。
もっとも、これらのことも一般の利用者の方々には興味のないことなのでしょう…
のり
2018/05/27 07:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あの頃」の面影…(3) のりさんの鉄っちゃん想い出風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる