のりさんの鉄っちゃん想い出風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 「てんぴら」…

<<   作成日時 : 2018/06/02 11:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

 いまはなき南海平野線のお話を続けさせていただいています。



 平野線阿倍野を出て上町線に入って行く天王寺駅前行の電車。
画像



 同じく平野線阿倍野を出て恵美須町へ向かう電車。
画像



 恵美須町の発車案内。
画像



 天王寺駅前の発車案内。
画像




 南海平野線は、昭和55(1980)年11月27日の運転をもってその営業を終えられましたが、その最終日には平野線に限り終日運賃無料という粋な計らいが行われました。
画像





 平野線は通常「恵美須町⇔平野」と「天王寺駅前⇔平野」の2系統で運行されていました。
画像





 平野線沿線の方々は、恵美須町系統と区別するため、「天王寺駅前⇔平野」の電車のことを、親しみを込めて「てんぴら」と呼んでいたそうです。
画像



 天王寺駅前発の平野行電車は、阿倍野筋上にある上町線の阿倍野電停では客扱いをせず、交差点を左折して平野線に入ってほどないところにあった平野線の阿倍野停で客扱いをしていました。
画像


画像




 晩年の平野線は、「恵美須町→平野→天王寺駅前→平野→恵美須町…」を繰り返す運行形態でした。


 廃止直前の昭和55(1980)年11時24日に撮影した平野線の運行標識です。
画像





 最近の某撮影会にて、収集家の方が持参されたものを撮影させていただきました。
画像

 懐かしさを強調するため、色を消させていただきました。

 「恵美須町・平野」の裏は「天王寺駅前・平野」になっているのがわかります。

 並べてみますと字体が微妙に異なっているのがわかります。
画像

 このあたりが手書きの味わいなのでしょう。

 このほかにも平野の「平」の字の点が「ハ」の形になっているものもあったのを覚えています。







 識者の方に、昭和30〜40年代の南海大阪軌道線の運用状況を伺ったことがあります。


 南海大阪軌道線には、阪堺・上町・平野の3線があり、それぞれに阪堺運輸区(所在 我孫子道)・上町運輸区(所在 住吉公園)・平野運輸区(所在 南霞町)と独立した運輸区があって運行を担当されていました。

 日常的に運行される系統は…

 阪堺運輸区が「恵美須町⇔浜寺駅前」・「天王寺駅前⇔浜寺駅前」
 上町運輸区が「天王寺駅前⇔住吉公園」・「天王寺駅前⇔平野」
 平野運輸区が「恵美須町⇔平野」・「恵美須町⇔我孫子道」

 を担当していたようです。

 その頃の上町線車両に掲出されていた「天王寺駅前・住吉公園」の丸い運行標識の裏は、紺地に白文字の「天王寺駅前・平野」だったのをよく覚えています。




 昭和48(1973)年の天王寺駅前・浜寺駅前間直通運転中止後は、上町線の運行形態が「天王寺駅前⇔住吉公園」と「天王寺駅前⇔我孫子道」の2系統になりました。
 そして、上町線の丸い運行標識も「天王寺駅前・住吉公園」の裏のほとんどが白地に濃緑の縦ラインが入った天王寺駅前・あびこ道」になりました。

 また平野線は、「恵美須町→平野→天王寺駅前→平野→恵美須町…」という運行形態になったようです。



 恵美須町発平野行の電車が、阿倍野交叉点での信号待ちの際、運行標識を次の運用に備えて紺地に白文字の「天王寺駅前・平野」に早々と裏返すシーンを何度も目撃しました。
画像

 阿倍野交叉点を東へと渡るこの電車は、明らかに「恵美須町発平野行」ですが、運行標識はすでに折返し後の「平野発天王寺駅前行」のものになっています。




 平野線は日常的に利用していたわけではありませんが、阿倍野や今池で分かれて行く平野線の電車をいつも見つめていました。

 身近にあり、もっともっと訪問できたのに……との思いが強く、残念でなりません。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
行先板を早めに替えていたのは「前さえちゃんと表示出来ていればそれで良し」だったんでしょうね。「後ろなんか誰も見やしないだろう」って。しかし、斎場前を近鉄バスが走ってたんですね。どこ行きだったんだろう?今朝、見かけたんですが351が355と同仕様になりましたね。
鷹峯 源光
2018/06/03 00:21
♪ 鷹峯源光様
運行標識の件ですが、前も後ろも両方変えていました。阿倍野交叉点での信号待ちの際に運行標識をヒョイと裏返していたのを何度も目撃しています。
2枚目の写真に近鉄バスが写っていますね。たしか八尾駅前行きだったような記憶があります。遠い昔には「ビスタコーチ」と呼ばれた二階建てバスも走っていました。
351号は私も目撃しました。今日(6月2日)は天・我固定運用でしたね。
のり
2018/06/03 00:28
  「キンソー」も「タマノイ酢」も懐かしいなぁ。

 ただ、私の記憶にある平野線には高速の高架は無く、線路際から阿倍野消防署の火の見櫓や生駒の稜線、天気の良い日には放送用のアンテナまで見えてましたね。

 苗代田付近は空襲を受けてなかったので古いお屋敷も多かった様に記憶してます。

 そういえば、帝塚山界隈や熊野街道沿いもめまぐるしく変貌してますね。
 
タイムスリップ
2018/06/03 07:57
のり様、昨日のお会いできて嬉かったです。僕の平野線の思い出は近鉄からの見下ろした景色だけです。
HAPPYmountain
2018/06/03 12:04
阿倍野交叉点北西側の変貌はすごいですね。
この写真の頃のイメージは全くありません。

かろうじて間に合った平野線の写真、大切に伝えていきたいと思っています。


♪ HAPPYmountain様
昨日は失礼いたしました。ふらりと出かけた住吉にて偶然出逢いましたね。
平野線、遠い存在だったようで残念ですね。
私自身もっと乗っておきたかったと後悔しています。
のり
2018/06/03 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
「てんぴら」… のりさんの鉄っちゃん想い出風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる