のりさんの鉄っちゃん想い出風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 想い出の電車たち…(3)

<<   作成日時 : 2017/08/12 00:31   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 13

 お盆を前にした懐かしい電車のお話…。


 今回は京阪電車です。


 京阪電車で私の1番の想い出の電車といえば、何と言っても先代の3000系テレビカーです。



 昭和53(1978)年頃の写真から…
画像


画像


画像


画像


画像



 車窓に鴨川が見えて来ますと、京都に着いたことを実感させるなんともいえない安心感がありました。


 この電車に乗って、何度京都へ行ったことでしょう。



 8000系にバトンタッチする形で、そのほとんどが引退されましたが、1編成のみ現役を続けておられました。

画像



 平成25(2013)年春、多くの人たちに見送られてその役目を終えられましたことは、皆様のご記憶にも新しいところだと思います。

画像




 現在、京都方先頭車だった3505号が、京阪楠葉駅前にあるくずはモール内に、往時の姿に美しく復元され保存されています。

画像


画像


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
京阪3000は京阪間移動の時には必ず乗って居りました。1000や1700,1800、1900から続く伝統の2ドア、小窓、転換クロスシートの関東人から見ると、もう「夢の電車」でした。鴨川の写真には無くてはならない電車でした。
む〜さん
2017/08/12 06:44
  学生時代の部活の試合で京都に遠征?する際は大概お京阪でした。

 そうそう、成人の日の三十三間堂も。

 地元の成人式には参加できなかったので、後日「成人手帳」なるものが郵送されてきました。

 まさしくタイムスリップです。

 卒業後は京都をはじめ京阪沿線へのお出かけは激減して久しいですが、TVカーの記憶は消えませんねぇ。
タイムスリップ
2017/08/12 07:13
僕の場合は京都へというよりは大津へ行くのによく乗りますね。晩年の3000系にも乗りましたね…。富山、大井川に移籍した3000系は元気でしょうか。
HAPPYmountain
2017/08/12 07:38
♪ む〜さん様
京阪3000系は素晴らしい電車だったと思います。乗車するたびに、特別料金不要でこれだけクオリティの高い電車に乗れる幸せを感じていました。
鴨川縁をゆく姿は、まさに「京都の電車」という趣でしたね。


♪ タイムスリップ様
目的地にもよりますが、大阪南部の方が京都市内へ向かう際に京阪を選択される方は多いと聞いたことがあります。
そのことからも、この先代3000系の果たされた役割は絶大だったと思います。


♪ HAPPYmountain様
色々な意味で、極めて質の高い電車だったと思います。
素敵な電車でした。
のり
2017/08/12 08:49
京阪3000系テレビカーは自分が子供の頃の京阪の花形車両で、家族で京都に行楽へ出掛けた時に初めて乗車した際は「電車でテレビが観れる」とワクワクしたものでしたが、その時車内で放送されていた番組に興味がなかったこともあってテレビにすぐに飽きてしまって車窓を眺めていたのを思い出します。鴨川沿いを走る京阪電車は自分も撮ってみたかったので様々なシーンを撮影されているのり様が羨ましい限りです♪
BYRD
2017/08/12 23:35
3000系のテレビカーで高校野球や相撲中継を見るのが楽しみでしたし、鴨川縁を行くのも大好きでした。今でも3000系は京阪で最高の特急車だと思います。富山組は塗装がかぼちゃ色になったり、シートが地鉄オリジナルに変えられたりしていますが元気です。特急では足回りこそ変えられていますが、往年の走りを見せてくれますよ。大井川組は運用から外れて放置状態だとか。つい最近、大井川の元京阪3000系からベルを盗んだ犯人が逮捕されたとの新聞記事がTwitterに出ていましたよ。
加茂川なすび
2017/08/13 00:38
♪ BYRD様
テレビカーで放映されていたのは、ほとんどNHKだったと記憶しています。高校野球やプロ野球などの時は、かなり注目の的でした。
京阪電車が鴨川縁を走る姿は、今でもまぶたに焼き付いています。素敵な光景でした。


♪ 加茂川なすび様
おっしゃるとおり、京阪最高の車両ではないでしょうか。日本の鉄道史上でも特筆すべき電車といえるでしょう。
第二の人生を送られている車両たちがいつまでも活躍されることを祈っています。
のり
2017/08/13 07:15
とうとう出てしまいましたか、京阪旧3000系テレビカー。これはもう、それでこそ京阪にふさわしいかなぁと思わされるほど僕にとっても捨てても捨てきれないくらいの車両なんじゃないか?って思います。ぶっちゃけ僕も京阪旧3000系テレビカーは大大大好きです‼このときの京阪電車が一番僕にとってはお気にでした。やはり、今の電車に比べて昔の電車のほうがかなり年季が入ってる感じがして味わい深さもあってとても好きです。てか、今の電車って何となくイマイチ味わい深さが欠けてるのかなぁと僕的には思います。これは僕の個人的な感想です。てか、それはさておき、貴重なお写真を掲載して下さりありがとうございます。マジで京阪旧3000系テレビカーが見れるとは…。思わず脱帽です。
よこはましにしなりくみなとみらい
2017/08/13 13:41
京阪3000系ですか、ふと思い出すと初めて見た子供の頃この電車も登場したのと同じ時期くらいでしたね。子供心に「何てかっこいい電車や」と思い、大阪へ行く時も阪急が近いのにわざわざ三条京阪まで出てこの電車に乗ったものでした。鴨川の堤防の上を走行している風景をぼんやり見ているのが好きでしたね。この電車は色々なおもいでありますが、一番鮮明に覚えているのが社会人になって大阪に勤めるようになり、毎日この電車で通勤していたのですが、ある晩残業で帰るのが遅くなりホームで待っているとアナウンスが「次の京都三条行の特急は3両でまいります…」と流れ3000が3両でやってまいりました。俗に言う、深夜の3連特急です。後にも先にも1回だけの乗車でしたが、車内は超満員でした。まぁ、貴重な体験が出来ましたね。
でな櫻
2017/08/14 09:29
えーっ⁉深夜で大混雑なのに3両しか繋いでないとは。しかも特急で。まるで、田舎の電車に乗ってるかのようなかと思いきや、完全都会の電車に乗ってるかのような…。イマイチよくわかんない特急車ですね。それだったら、せいぜい5両か6両でもいいから繋げばいいのにね。てか、僕自身大阪出身大阪育ちではあるものの、いまはどちらかというとこっち関東に住んでる期間がすごく長いので、イマイチわかんないのですが今でも京阪で3両の深夜特急なんて走ってるもんなんですか?詳細のほうをよろしくお願いします。
よこはましにしなりくみなとみらい
2017/08/14 13:10
>よこはましにしなりくみなとみらいさま
実は、京阪3000系は3連と4連の編成がありまして、それぞれ組み合わせて6連と7連になります。で、1986年当時深夜22時を過ぎると終電までの最後の3本(20分ヘッド)は1次車の3連が運行に当たっていました。ちなみに、車内は超満員でしたが京橋で偶然にも補助いすが空いたのでなんとか座る事が出来ました。その次のダイヤ改正で3連特急は無くなりました。なお、現在では3連特急はありません。まぁ、京橋〜七条間ノンストップの時代でしたから出来たのでしょうね。
でな櫻
2017/08/14 20:19
京阪3000テレビカーは新入社員の頃、京都への出張でよく乗っていました。
朝の通勤時、テレビカーの放送はほとんどNHKのニュースでした。いつも、男山のところで写りが悪くなるのをよく覚えています。
本当にこの車両はよく乗りましたね。思い出の車両です。
住吉のムーさん
2017/08/14 20:44
♪ よこはましにしなりくみなとみらい様
本当に素敵な電車だったと思います。
でな櫻様がお話くださいましたように、旧3000系は3+3または3+4の編成で運行されていました。将来叡電との乗り入れ構想があったためだと聞いたこともありますが、叡電と京阪本線との輸送量の違いが大きすぎたため断念したそうです。
深夜の特急は、テレビも消された短編成で運行されていたのですが、のちに長編成になりました。


♪ でな櫻様
詳細なお話、ありがとうございます。
深夜の3連特急に乗られたとは…!貴重な体験をされたのですね。
色々な意味で本当に素晴らしい電車でしたね。


♪ 住吉のムーさん様
たしか屋根上のアンテナ、90度方向を変えた2機設置されていて、状態の良い方の電波をテレビに送っていたそうです。
それでも山の迫った県境附近は電波状態が悪かったようですね。地下区間には漏洩ケーブルを引いて「テレビの受信」にこだわりました。晩年は、地上デジタル放送になったため残念ながら地下区間の受信ができなくなり、地下でのテレビは「ブルー画面」になっていました。
のり
2017/08/14 21:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
想い出の電車たち…(3) のりさんの鉄っちゃん想い出風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる