のりさんの鉄っちゃん想い出風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 第19回路面電車まつり(3)

<<   作成日時 : 2017/06/14 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

 好天の下に開催されました阪堺電車「第19回路面電車まつり」のお話をさせていただいています。


 阪堺電車(当事は南海大阪軌道線)初の新性能電車モ501形が登場60周年を迎えられました。



 それを記念して、モ505号に登場時の塗装が施されました。
画像


画像




 平成21(2009)年暮れに、504・505号の2両が復刻をイメージした塗装になったことがありました…
画像

 今回の色合いは、その時よりぐっと「あの頃」に近づいた感じがします。




 「路面電車まつり」終了後に行われた「記念電車」に乗車。


 ホームページで参加募集を募ったところ、あっという間に募集定員に達したとか。


 ファンのみなさんが、16時10分の集合時刻を待ちます。
画像



 点呼と参加証が配られました。


 「路面電車まつり」の撤収作業が進む中、記念電車505号の待つ車庫内へと進みます。
画像



 ほぼ座席定員の参加者、乗り込みが完了して恵美須町へと出発です。


 記念品が配られました。

 乗車証…
画像

 紙印刷の定期券を模したデザインです。


 記念品…
画像

 新製品のラバーキーホルダーです。


 「沿線には、たくさんのカメラが並んでいますので、暫しスターになった気分でお楽しみください…」
 阪堺さんの案内に車内が笑いに包まれます。
画像


 
 沿道にはたくさんのファンがカメラを構えておられます。

 気分は「トワイライトエクスプレス」です。




 あっという間に終点恵美須町に到着です。

画像


画像




 沿線への出撃が楽しみが増えました。



 爽やかな好天に恵まれた一日でした。


 阪堺電車さんをはじめ、開催にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。


 そしてご来場くださった皆様、お疲れ様でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
  ヘッドマークの上の窓のあるのは、今流行りのドライブレコーダーとかダッシュカムですか?

 大きなニュースにはならない程度の接触事故とかがあるのでしょうか?

 鉄道にもそういった機器が必要な時代なのかなぁ。
タイムスリップ
2017/06/14 09:35
おはようございます。

『祝 還暦』に
愛されているのがわかります。
記念乗車証もキーホルダーも
凝ってますね。

 ↓ やっぱり
ちん電くんが一番カワイイっっ!
ぽんた
2017/06/14 09:47
記念電車楽しそうでしたね。乗りたかったなぁ。ブースの後片付けで乗れなかったです。
HAPPYmountain
2017/06/14 11:37
♪ タイムスリップ様
ご察しの通りドライブレコーダーです。阪堺の全電車に装備されています。もちろん161形電車にも、161号にもつけられています。
最近の電車は加速がいいのですが、それを知らずに電車より先に出て右折しようとする車も多いとか…。
接触事故はそこそこあるのではないでしょうか。


♪ ぽんた様
「還暦」です…
この電車と同年代ですので、私も還暦が目の前に迫っています(笑)。
残念ながら「キン肉マン」電車の任から外れましたが、電車はまだまだ元気です。
「ちん電くん」、大人気です。


♪ HAPPYmountain様
なかなか楽しかったです。みなさん後片付けで大変だろうなぁ…と思いつつ、楽しませていただきました。
のり
2017/06/14 18:36
ブースの撤収と実家からの頼まれ事があったので見る事もなく我孫子道を後にしました。おかげで未だに走っている姿を見ていません。今回のポイントは前面の車番ですね。緑色にしただけで昔の姿にグググっと近くなりました。側面に広告枠を復活させて、あの広告を入れたいなぁ〜とも思ったりしています。
賀茂川なすび
2017/06/16 00:17
♪ 賀茂川なすび様
今回の「緑」色は、なかなか気合が入っている感じがします。前回の復刻イメージの時よりも、ぐっと「あの頃」に近づいた感じですね。ただ、オリジナルのこの塗装が姿を消して、もう40年になりますので、記憶が曖昧になってきています(笑)。
のり
2017/06/16 06:56
こうして堂々と復刻色で営業運転出来る世の中になりましたか〜
またまた思い出話になり恐縮ですが沿線のファンの方が復刻色を私費でやられた時は広告扱いとなり意図せずご芳名を記載するはめに。すでに色見本などなく緑と窓枠の色はJRの快速と言われたものでした。

今だから暴露しますが256車庫内運転復活は本社に内密で車両職場内だけで先に既成事実を作る作戦で進めたのですが古い京都市電の写真をたくさん集めたものの光の加減や色褪せ具合で全部色が違い本当の色が分からず、塗料も有り合わせを調合で何がなんだか判らなくなる始末。ファンの皆さんにお叱り受ける覚悟で出したら『先日行かれた長崎旅行の影響ですか』と路面電車同好会の方に笑われてお許し頂けました。

505復刻色を見る限りとことん調査資料と予算をかけさせてもらったみたいで嬉しく、また羨ましく思います。
また長くなり失礼いたしました。
てら
2017/06/16 19:29
♪ てら様
第1回を開催してくださった先人のみなさんがおられたからこそ、19回を迎えることができたのでしょう。手弁当で続けて来られた初期の頃からのファンの方々もたくさんおられます。
5000名を大きく超えるお客さんが来られるような大きなイベントになりました。
阪堺さんサイドでも「おもしろいこと」を考えられるかたが増えてきたそうです。
旅行業の資格を取られてからは一気に「おもしろいこと」が増えてきた気がします。
ぜひ来年の「20回」にお越しくださいませ。
のり
2017/06/17 08:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
第19回路面電車まつり(3) のりさんの鉄っちゃん想い出風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる