のりさんの鉄っちゃん想い出風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・住吉交叉点の記憶(23)

<<   作成日時 : 2018/01/26 00:15   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

 住吉交叉点と住吉公園への道のりが消えてまもなく2年が経とうとしています。



 古豪さんが行き交う住吉交叉点……



 平成25(2013)年4月27日



 162号…
画像



 164号…
画像



 今も矍鑠たる走りを見せてくださる2両です。




 5月3日


 170号…
画像



 172号…
画像



 こちらの2両は、残念ながら引退されました。



 おだやかな春の光につつまれた交叉点でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
良き日々でしたね。
HAPPYmountain
2018/01/26 06:17
古き良き時代での住吉交叉点だったのではないでしょうか。しかも古豪さんとは何とも言えないくらいの味わい深さといいますか。今にもセピア色の風景にでもなってたとしてもおかしくないくらいの情景が浮かび上がりますね。お見事です‼
よこはましにしなりくみなとみらい
2018/01/26 09:21
この頃は当たり前の日常が遠い過去となりましたね。
HAPPYmountain
2018/01/26 15:16
住吉公園行きが昼間に走っていた頃の懐かしい風景ですね。古豪さんもゴールデンウィークまでは普通に昼間も走っていてのんびりしていたのを思い出します。
BYRD
2018/01/26 23:02
♪ HAPPYmountain様
この「あたりまえ」の光景を見ることができなくなる……、想像することは不可能でした。


♪ よこはましにしなりくみなとみらい様
あまりにも日常の風景でしたので、なくなってしまった実感が湧いてきませんでした。いまでもここに来れば「この光景」が拡がっているような気がします。


♪ BYRD様
住吉公園行も交叉点も、そしてこの形の電車が走っていることも「あたりまえ」でした。ほんの「5年前」のことですね……。
のり
2018/01/27 06:52
  今朝みたいな寒さだと、金魚たちのいた防火水槽も凍ってたのかなぁ?

 平野線に南海の天王寺線と大阪市内も変わりましたねぇ。

 時折その痕跡を見かけてはタイムスリップしています。

 この歳になると1年2年は昨日のことの様です。
タイムスリップ
2018/01/27 07:39
♪ タイムスリップ様
住吉公園駅廃止直前の日曜日は厳寒の朝でした。防火水槽の中の金魚さんたちは水の底でジッとしていましたが水は凍っていませんでした。ひょっとしてあの水は滅多に凍らなかったのかもしれません(笑)。
この歳になりますと、20年なんて超足早ですね。おっしゃるとおり1年2年は昨日のごとき……です。
のり
2018/01/27 18:37
あの金魚水槽が凍ったのを見た事ありますよ。
HAPPYmountain
2018/01/27 19:02
「もう2年」なのか「まだ2年」なのか・・・・・
今でも旧住吉公園駅舎へ行くと電車が来るような気がします。乗れるような気がします。阪堺線の音が聞こえるのでそんな気がしているだけなのかもしれませんが。
加茂川なすび
2018/01/27 22:31
♪ HAPPYmountainの
あの厳寒の日曜日でも凍っていなかったのですから、やはりよほどの寒さでないと凍らなかったのかもしれません。
その日は、その「よほどの寒さ」だったのでしょうね。


♪ 加茂川なすび様
阪堺線の音がすぐそこから聞こえてくることと、電車が走っていた頃と同じ空間が今も残っていることがそう感じさせるのでしょう。
住吉交叉点から住吉公園駅のあいだは、そこの光景が身体に染み付いていたのでしょうね。
のり
2018/01/28 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・住吉交叉点の記憶(23) のりさんの鉄っちゃん想い出風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる